募集職種詳細

原子力本部

原子力発電所の確率論的リスク評価およびリスクマネジメント【浜岡原子力発電所 エンジニアリング部 安全・系統管理課】

職務内容 【部署のミッション】
安全・系統管理課は、浜岡原子力発電所の施設管理を統括する部署として、施設の運転状態・性能を監視・評価し、修理・点検や設備改良を計画することを通じたプラントの安全確保、ならびに発電所の再稼働に向けた準備業務等重要なプロジェクトの統括を行います。また、業界大の原子力の自主的・継続的な安全性向上の取り組み方針をふまえた確率論的リスク評価を活用したリスクマネジメントの推進を担っています。

【採用背景】
浜岡原子力発電所は再稼働を目指し、現在国の基準適合審査対応を行っており、社内人材を集中させています。それと並行して、発電所の維持管理、再稼働に向けた準備といった運営についても相応の経験をもつ人財の確保が必要となっています。
とくに、規制当局および事業者ともに安全性向上のため確率論的リスク評価の更なる活用拡大を進める計画があり、発電所における評価ツールの整備とそれを活用したリスクマネジメントの業務に人財の確保が必要です。

【業務内容】
原子力発電所の確率論リスク評価およびそれを活用したリスクマネジメントの推進業務

【具体的には】
・確率論的リスク評価システムを用いた浜岡原子力発電所の確率論的リスク評価およびそのシステムの維持・管理(設備運転データの反映等)
・確率論的リスク評価から得られるプラントの定量的なリスク情報(重要な事故シナリオ、設備や運転操作の重要度等)を発電所の運転、保守、設計におけるリスクマネジメントへ活用する取り組みの推進

【仕事の魅力】
カーボンニュートラルに向け、原子力発電については安全確保を前提に活用を推進することが求められています。再稼働に向け、発電所のエンジニアリング業務に従事し、パフォーマンス向上を通して地球環境や国のエネルギーセキュリティに貢献できます。
原子力発電所には、原子燃料や放射線などに関連した原子力特有のリスクや規制が存在し、高い安全性と信頼性を確保、向上する必要があります。設備の設計・保守・運転のプロセスの知識と経験、確率論的リスク評価をはじめ様々な研究開発成果や運転経験等の国内外の最新の技術と知識が業務を通して得られます。 
応募資格 【必須】
原子力プラント、化学プラント、航空機、船舶などの確率論的リスク評価または事故時評価の知識または経験

【歓迎】
原子力プラントの確率論的リスク評価または事故時評価の知識または経験
 
待遇 【雇用形態】
正社員 
期間の定め:無
試用期間:無

【給与】 
月給:25万〜(経験等をふまえ個別決定) 
賞与:有(年2回支給:6月・12月)
想定年収:500万円〜1,200万円(時間外労働手当等を含む)

【就業時間】
フレックスタイム勤務制(コアタイム:無)
1日の標準労働時間07 時間40分
時間外労働:有
在宅勤務制度:有

【休憩時間】
休憩時間:60分(勤務時間が6時間を超える場合)

【休日】
年間123日
(内訳)月別休日8日/月、通年休日27日/年
※個人毎に毎月業務予定に応じて休日を設定する「計画休日制」。
最低週1日の休日設定は必須。(多くの方が土曜・日曜・祝日・年末年始・GW等を休日として設定しています。) 

【休暇】
普通休暇20日/年(年度途中で採用の場合は月割)、
ライフ・サポート休暇(傷病・介護・看護等)、
特別休暇(夏季3日はじめ、結婚・忌服のとき等)

【手当】
時間外労働手当、深夜労働手当、特定日勤務手当、通勤手当(会社規程に基づき支給) 他 

【社会保険】
健康保険(介護保険)、厚生年金保険、雇用保険、労災保険 
勤務地 以下のとおり
”猷原子力発電所(静岡県御前崎市佐倉5561)
会社が定める場所(テレワークを行う場所を含む)

※異動による転勤等の可能性あり
(参考:主な事業場所在地)
国内:愛知県、静岡県、三重県、岐阜県、長野県、東京都 等
国外:ロンドン・ワシントン・ドーハ 等

【喫煙による従業員の健康被害防止の取り組み】
「就業時間中の禁煙」および「原則として当社敷地内における禁煙」